自己紹介・50音順検索

ochazukenoaji

1984年早生まれ、東京都在住、女。オシャレを気取りたくて映画を観始めたらハマってしまい、以来オシャレが疎かに。

オールタイムマイベスト映画
1.お茶漬けの味(小津安二郎)
2.アメリカの夜(フランソワ・トリュフォー)
3.或る夜の出来事(フランク・キャプラ)
4.タイタニック(ジェームズ・キャメロン)
5.クローズ・アップ(アッバス・キアロスタミ)

記事を書いた映画一覧

◆あ◆
『アクト・オブ・キリング』/ジョシュア・オッペンハイマー/ デンマーク・ノルウェー・イギリス/2013 ★★
『アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダー』/監督:ケビン・オニール 製作:ロジャー・コーマン/アメリカ/2012 ★★★★
『アデル、ブルーは熱い色』/アブデラティフ・ケシシュ/フランス/2013 ★★★★★
『あなたを抱きしめる日まで』/スティーヴン・フリアーズ/イギリス・アメリカ・フランス/2013 ★★★★
『怪しい彼女』/ファン・ドンヒョク/韓国/2014 ★★★★★
『ある過去の行方』/アスガー・ファルハディ/フランス・イタリア/2013 ★★★★
『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』/ジョナサン・グレイザー/イギリス/2013 ★★★★
『愛しのゴースト』/バンジョン・ビサンタナクーン/タイ/2013 ★★★☆
イラク チグリスに浮かぶ平和』/綿井健陽/日本/2014 ★★★★★
インターステラー』/クリストファー・ノーラン/アメリカ・イギリス/2014 ★★★★
『ヴィオレッタ』/エヴァ・イオネスコ/フランス/2011 ★★★☆
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』/マーティン・スコセッシ/2013/アメリカ ★★★
『オール・イズ・ロスト』/J.C.チャンダー/アメリカ/2013 ★★★☆
『おみおくりの作法』/ウンベルト・パゾリーニ/イギリス、イタリア/2013 ★★★★☆
『思い出のマーニー』/米林宏昌/日本/2014 ★★★★

◆か◆
『渇き。』/中島哲也/日本/2014 ★★★★

紙の月』/吉田大八/日本/2014 ★★★★★
ゴーン・ガール』/デヴィッド・フィンチャー/アメリカ/2014 ★★★★

◆さ◆
『ザ・イースト』/ザル・バトマングリ/アメリカ/2013 ★★★★
自由が丘で』/ホン・サンス/韓国/2014 ★★★★
『少女は自転車にのって』/ハイファ・アル=マンスール/サウジアラビア/2012 ★★★★
『白ゆき姫殺人事件』/中村義洋/日本/2014 ★★★★
『スイートプールサイド』/松居大悟/日本/2014 ★★★★
『スノーピアサー』/ポン・ジュノ/韓国・アメリカ・フランス/2013 ★★★★
『世界の果ての通学路』/パスカル・プリッソン/フランス/2012 ★★
『ゼロ・グラビティ』/アルフォンソ・キュアロン/アメリカ/2013 ★★★★★
『そこのみにて光輝く』/呉美保/日本/2014 ★★★★
『ソニはご機嫌ななめ』/ホン・サンス/韓国/2013 ★★★★★

◆た◆
超能力研究部の3人』/山下敦弘/日本/2014 ★★★
『鉄くず拾いの物語』/ダニス・タノヴィッチ/ボスニア・ヘルツェゴビナ=フランス=スロベニア/2013 ★★★
『トゥモロー・ワールド』/アルフォンソ・キュアロン/2006/イギリス、アメリカ ★★★★
『トム・アット・ザ・ファーム』/グザヴィエ・ドラン/カナダ=フランス/2013  ★★★★

◆な◆
『なんちゃって家族』/ローソン・マーシャル・サーバー/2013/アメリカ ★★★★
『ニシノユキヒコの恋と冒険』/井口奈己/日本/2014 ★★★★
『ネイチャー』/ニール・ナイチンゲール&パトリック・モス/イギリス ★★

◆は◆
『her/世界でひとつの彼女』/スパイク・ジョーンズ/アメリカ/2013 ★★★☆
『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』/ピーター・ランデズマン/アメリカ/2013 ★★★★
薄氷の殺人』/ディアオ・イーナン/中国・香港/2014 ★★★☆
『パラダイス3部作:愛』ウルリヒ・ザイドル/オーストリア・ドイツ・フランス/2012 ★★★★
『反撥』/ロマン・ポランスキー/1965/イギリス ★★★
ビッグ・アイズ』/ティム・バートン/アメリカ/2014 ★★★☆
『ビフォア・ミッドナイト』/リチャード・リンクレーター/アメリカ/2013 ★★★★
『フォックスキャッチャー』/ベネット・ミラー/アメリカ/2014 ★★★☆
『FORMA』/坂本あゆみ/日本/2013 ★★★★★
『袋小路』/ロマン・ポランスキー/1966/イギリス ★★★★
『フットノート』/ヨセフ・シダー/イスラエル/2011 ★★★☆
『フライト・ゲーム』/ジャウマ・コレット=セラ/アメリカ/2014 ★★★
『フランシス・ハ』/ノア・バームバック/アメリカ/2012 ★★★★★
『プリズナーズ』ドゥニ・ヴィルヌーヴ/アメリカ/2013 ★★★★☆
『プロミスト・ランド』/ガス・ヴァン・サント/アメリカ/2012 ★★★☆
『ヘウォンの恋愛日記』/ホン・サンス/韓国/2013 ★★★★★
『ぼくたちの家族』/石井裕也/日本/2013 ★★★
『ほとりの朔子』/深田晃司/2013/日本・アメリカ ★★★★★

◆ま◆
『胸騒ぎの恋人』/グザヴィエ・ドラン/カナダ/2010 ★★★
『身をかわして』/アブデラティフ・ケシシュ/フランス/2004 ★★★★★
『マダム・イン・ニューヨーク』/ガウリ・シンデー/インド/2012 ★★★☆
『身をかわして』/アブデラティフ・ケシシュ/フランス/2004 ★★★★★
『メトロ42』/アントン・メゲルディチェフ/ロシア/2012 ★★★★

◆や◆
『やさしい人』/ギョーム・ブラック/フランス/2013 ★★★★★

◆ら◆
『LIFE!』/ベン・スティラー/アメリカ/★★★☆
『リスボンに誘われて』/ビレ・アウグスト/ドイツ・スイス・ポルトガル/2012 ★★★☆

◆わ◆
『私の男』/熊切和嘉/日本/2014 ★★

広告

自己紹介・50音順検索」への3件のフィードバック

  1. はじめまして!先日スカパーで『愛の渦』を観て、とても面白くてネットで他の方のレビューが見たいと思い、くつしたさんのブログに辿り着きました!
    くつしたさんの記事がとても的確かつ面白く、他の映画の感想記事もかなりたくさん読ませて頂きました^^
    文章がとてもお上手ですね!これからも時々遊びに来させて下さいね♪

    • はじめまして。コメントありがとうございます!過分なお言葉、恐れ多いです。が、とっても嬉しいです!
      私もブログにお邪魔しました、斎藤工さんは映画にお詳しいですよね〜。少し前のキネ旬にグラビアが載っていて、惚れ惚れしました。
      私のレビューは的はずれなことも多いと思いますが、今後も時々立ち寄っていただけたらとても嬉しいです。ありがとうございました!

  2. はじめまして。

    「リスボンに誘われて」のページにコメントを入れようとしたのですが、数回試みても入りませんでした。。。
    ここなら入るかなとやっています。

    実はつい先日、WOWOWにて「リスボンに誘われて」をみました。
    で、映画についてGoogleで検索していて、ここに着いた次第です。
    映画の写真も、貴方の写真も、とてもリアルにリスボンを感じさせてくれました。ありがとうございます。

    私がリスボン/ポルトガルを歩いたのは2013年5月。
    その時の写真は6枚ずつアルバムにして160組ほどアップしてありますので、覗いていただいたら、なつかしいものを見つけてもらえるかもです。
    http://blog.goo.ne.jp/akita_1950/s/%A5%EA%A5%B9%A5%DC%A5%F3

    映画は恋愛が主なるストーリーで、政治状況や人生などの視点はあくまで普遍的な愛を描くための副次的な条件でしかないとみました。だからこそリスボンなのだと思えます。

    また、寄らせていただきますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中