少女は自転車にのって

GLOBEƒ^ƒuƒƒCƒh”ÅŽÐ“àŒŸõ16P—p.indd

2013.1.4 岩波ホール

このブログは2014年への年明けを機に始めることにしました。その2014年の、記念すべき一発目がこれ。

『少女は自転車にのって』/ハイファ・アル=マンスール/サウジアラビア/2012 ★★★★

めちゃくちゃ良かったです。おてんばで悪知恵ばかり働くヒロインが実にいきいきと魅力的。また、サウジアラビアという多くの日本人にとってほとんど未知の国の日常生活を垣間見れた気がして、それだけで観て 良かったと思います。家並みとか路地とか、そういうのがいちいち興味深いです。映画では、男尊女卑をはじめとする文化的背景についての問題提起がなされながらも、監督の目線は偏っておらず、それらの問題をじんわりと伝えてくれてます。でもヒロインがいきいきしているので見た後の気持ちはすがすがしい。男尊女卑の世の中なのに、ヒロインと、ヒロインのいたずら仲間の男の子の関係は断然カカア天下な感じで、そこも良いです。あとは何より自転車という道具が効いてます。身近な乗り物でありながら、サウジアラビアでは「女の子が自転車なんて!」といわれる乗り物。文化的背景を描くのにもってこいだし、風を切る乗り物なので映画的で爽快。ラストも秀逸。

なんとこの映画は「サウジアラビア映画」第1号なんだとか。サウジアラビアには、映画館で映画を観る、という文化がないそうです。DVDは好きなものを好きなだけ家で観られるらしいですが、映画館やライブハウスなどの娯楽施設は無いのだそう。でも、この映画が作られて、世界的にも高い評価を受けることで少しずつ変わっていってくれたら良いなと思います。離れた国に住む者の無責任な発言でもありますが、映画好きとしては、単にいろんな国の映画をたくさん観てみたいというだけでそう思ってしまいます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中